産経ニュース

東日本大震災で被災のF2戦闘機、「戦列復帰」へ

ニュース 政治

記事詳細

更新


東日本大震災で被災のF2戦闘機、「戦列復帰」へ

東日本大震災の津波で水没した航空自衛隊松島基地(宮城県東松島市)のF2戦闘機=平成23年3月

 東日本大震災の津波で水没した航空自衛隊松島基地(宮城県東松島市)のF2戦闘機の一機目が、修理を終えて4年1カ月ぶりに「戦列復帰」することが11日、分かった。修理に当たっていた三菱重工業の小牧南工場(愛知県豊山町)で21日に空自への引き渡し式を行う予定だ。

 津波で被災したのは、主に教育訓練に使う複座機であるF2Bの18機。機体に入り込んだ海水が原因で腐食が進むと必要な強度が足りなくなるため、部品交換では対応しきれない5機は修理を断念し、残り13機が修理に回された。今回の復帰初号機は、27年度末が納期になっている6機のうちの1機。

 空自は、F2Bを32機保有していたが、半数以上が被災してパイロットの育成にまで不便が生じていた。F2Bの機数が不足したことから、必要数以上のパイロットが、F15戦闘機向けに回されてきたという。

「ニュース」のランキング