産経ニュース

【櫻井よしこ 美しき勁き国へ】気概が米国の心をつかむ

ニュース 政治

記事詳細

更新

【櫻井よしこ 美しき勁き国へ】
気概が米国の心をつかむ

 岸は日米関係だけでなく、国際情勢の全体像を俯瞰した。西側陣営と対立を深める共産主義陣営の脅威の前で日本が果たすべき役割も認識していた。日本の国益を実現しながらアメリカの国益にも貢献する戦略を示し得た。

 その岸の豪放磊落な声が聞こえてくるような気がする。世界情勢が大変革を遂げるいまこそ、日本の大きな好機なのだと。

 中国問題はアメリカ問題と合わせ鏡である。軍拡と同時進行でアジアインフラ投資銀行(AIIB)などを創設し、資金力で一挙に影響力の拡大を図りつつある中国が、アメリカの不決断を際立たせる。

 AIIBには、運営の透明性や公正さについて疑問がつきまとう。本来こうした問題をアメリカとともに検証してきたはずのイギリスなど欧州諸国が、AIIBに加盟して内部から透明性を確保すると、今回はいう。しかし一党独裁で言論の自由を許さない情報統制の国の金融の傘に入ることがいかにして透明性と公正さの担保につながるのかは、説明できていない。説明できないことは容易に信じてはならないのである。この場面でわが国こそ、浮足立つことなく、そうした問いを発信すべきであろう。

「ニュース」のランキング