産経ニュース

【地方再考】定数満たず無投票、補選も立候補ゼロ… なり手不足に悩む地方議会 背景には報酬の少なさ

ニュース 政治

記事詳細

更新

【地方再考】
定数満たず無投票、補選も立候補ゼロ… なり手不足に悩む地方議会 背景には報酬の少なさ

 26日に告示される10道県知事選で1カ月にわたる統一地方選が幕を開ける中、地方議員のなり手不足が問題となっている。規模の小さい町村議会は特に深刻で、前回統一選のあった平成23年には町村議会選の約21%が無投票となった。その中には定数を満たさずに無投票となったケースもあった。その後の欠員に伴う補選で立候補者がいないケースもある。議員からは報酬の少なさが、なり手不足の要因となっているとの見方も出ている。

「勤めやめてまで…」

 「定数には達すると思っていたので残念だった」。栃木県の南東部にある芳賀町のある議員は4年前の町議選をそう振り返る。当時、議会の定数は16。だが、立候補したのは15人で定数に届かず、無投票となった。

 なり手不足の背景に、この議員は「議員報酬だけでは生活ができないので、若手のなり手がいない」と話す。今回の統一選では、定数を14に減らして町議選が行われる。25日の立候補予定者説明会には、17陣営が出席。議員は「選挙になると喜ばしい」と話す。

「ニュース」のランキング