産経ニュース

【日中韓外相会談】首脳会談の早期開催で一致 歴史認識めぐり溝の深さも浮き彫り

ニュース 政治

記事詳細

更新

【日中韓外相会談】
首脳会談の早期開催で一致 歴史認識めぐり溝の深さも浮き彫り

中国の王毅外相(右端)と会談する岸田外相(左端)=21日、ソウル(共同)

 【ソウル=楠城泰介】日本、韓国、中国の3カ国外相が21日、ソウル市内のホテルで会談し、3カ国首脳会談の早期開催に向け努力していくことで一致した。中国は歴史問題で日本に善処を求めた。これに先立つ日中、日韓の個別外相会談でも、中韓両国は安倍晋三首相による今夏の戦後70年談話を注視する姿勢を示した。歴史認識をめぐる中韓と日本の溝の深さが浮き彫りとなった。

 日中韓外相会談は平成24年4月に中国で開かれて以来約3年ぶり。

 韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相は「新たな出発点に立ち、3カ国の協力をさらに具体化していくべきだ」と強調した。岸田文雄外相も「3カ国の交流や協力を一層促進し、未来志向で強化することが重要だ」と述べた。

 中国の王毅外相は「歴史問題を善処して、3カ国の協力の正しい方向を維持できるよう取り組んでほしい」と述べ、日本を念頭に歴史問題で牽制(けんせい)した。

 3氏は首脳会談開催への努力で一致したものの、中国は、安倍首相が7年の村山富市首相談話で明記した「侵略」「植民地支配」などの表現を70年談話で踏襲するかを注視している。

 王氏は会談後、3カ国首脳会談の開催時期について「(70年談話の)準備状況を見なければならない」と記者団に語り、日本が中国の主張を受け入れるのが条件との考えを示唆した。

このニュースの写真

  • 首脳会談の早期開催で一致 歴史認識めぐり溝の深さも浮き彫り

「ニュース」のランキング