産経ニュース

【夜の政論】細野氏、目指すは「七人の侍」…民主党内の偏差値競争から決別 「反対だけでは政権復帰できぬ」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【夜の政論】
細野氏、目指すは「七人の侍」…民主党内の偏差値競争から決別 「反対だけでは政権復帰できぬ」

 「当選2期目を目指した選挙で、私の選挙区は区割り変更となり、自民党の前防衛庁長官が対抗馬となりました。選挙区内に自衛隊の駐屯地が4つもあり、民主党の1年生の私はどう考えても不利な状況です。どうすれば自衛隊員の方々に私の気持ちが届くか。考えた末にたどり着いた結論が自衛隊の体験入隊でした」

 静岡の駐屯地に体験入隊した国会議員は、当然細野さんが初めてとなった。

 「8月の初旬、夜中に真っ暗な富士山の樹海を歩きました。頼りはコンパスだけで、5カ所の目的地をたどるのです。3カ所目のポイントに着いたとき、突然仲間の1人が『水筒をなくした』と焦り始めた。すると指揮官は『作戦は中止。水筒は官費で支給されたのだから、みんなで探す』と指示を出したのです。その場で1時間探し、駐屯地で1時間眠ったころにたたき起こされ、また現場に戻されました。全員で4時間以上水筒を探したんですよ。すると空が白んだ早朝、なんと水筒が見つかったんです」

 「私も連帯責任と感動を体感するんですよね。『迷彩色の缶詰から、たくわんとレトルトカレーを一緒に食べ、皆さんが官費で支給されたものをいかに大切にしているか分かりました』と訴えられる。結局駐屯地を抱える地区で、私は元防衛庁長官と五分の戦いに持ち込むことができました。これが今の私の血や肉となっているんです」

「ニュース」のランキング