産経ニュース

【戦後70年首相談話】21世紀構想懇、「20世紀の教訓」を議論 北岡氏は「侵略」を強調

ニュース 政治

記事詳細

更新

【戦後70年首相談話】
21世紀構想懇、「20世紀の教訓」を議論 北岡氏は「侵略」を強調

 安倍晋三首相が今夏に発表する戦後70年談話に関する有識者会議「21世紀構想懇談会」(座長・西室泰三日本郵政社長)の第2回会合が13日、官邸で開かれ、20世紀の国際情勢や先の大戦に至る経緯からくみとる教訓について意見交換した。有識者は20世紀の日本と世界の両方の歴史を俯瞰(ふかん)し、“光と影”の両面に着目する必要性で一致した。

 会合は非公開で行われ、西室氏らによると、冒頭に座長代理の北岡伸一国際大学長と奥脇直也明治大法科大学院教授が、それぞれ20世紀の歴史認識に関する考え方を報告。北岡氏は先の大戦を「侵略戦争」と位置付ける持論も説明した。これに対し他のメンバーからさまざまな意見が出たが、西室氏は記者団に具体的な内容を紹介しなかった。

 北岡氏は会議後、記者団に、先の大戦について「歴史学的に侵略だと思っている」と重ねて強調した。

「ニュース」のランキング