産経ニュース

ドローンに追い風 総務省が周波数割り当て、利用環境整備へ

ニュース 政治

記事詳細

更新


ドローンに追い風 総務省が周波数割り当て、利用環境整備へ

 総務省が、「ドローン」と呼ばれる小型の無人飛行機の操作向けに周波数を割り当てる方針を固めたことが9日、分かった。農薬散布や危険な災害現場での情報収集など企業の活用ニーズが高まり始めていることに対応。利用周波数を定めることで、国内メーカーの技術開発を促すと同時に、混信などのトラブル解消や違法電波の取り締まり強化につなげる狙いだ。

 周波数割り当ては、12日開催予定の情報通信審議会の分科会に諮問し、平成27年度末に取りまとめる答申を踏まえて、必要な制度改正を行う方針。

 具体的には、現在、無線LAN(Wi-Fi)で使用されている2・4ギガ(ギガは10億)ヘルツ帯と5ギガヘルツ帯の隣接周波数をそれぞれ拡大し、無人飛行機用の新たな周波数帯域を確保して混信を避ける方法などを想定。割り当てた周波数帯域では必要に応じて出力制限の緩和も検討する。

 Wi-Fiと隣接して周波数を拡大すれば、Wi-Fi用機器の部品などが無人飛行機にも応用できるため開発・製造コストが削減できると判断した。

「ニュース」のランキング