産経ニュース

「文官統制」めぐる混乱を解消へ 防衛省設置法改正で形骸化「12条」整理目指す

ニュース 政治

記事詳細

更新


「文官統制」めぐる混乱を解消へ 防衛省設置法改正で形骸化「12条」整理目指す

 政府は6日に閣議決定した防衛省設置法改正案で、自衛官を意味する「制服組」と文官を意味する「背広組」が対等な立場で防衛相を補佐することを明確にした。自衛隊を取り巻く環境の変化などで、文官が自衛官よりも優位に立つ「文官統制」の弊害が目立ち始めていることが背景にある。政府は改正案の今国会成立を目指す。

 「文民統制」と「文官統制」は紛らわしい言葉だ。中谷元防衛相も6日の記者会見で「政府としては文官が自衛官をコントロールする『文民統制』という考えは取っていない」と言い間違えている。だが、2つの言葉の意味は異なる。

 文民統制はシビリアンコントロールの和訳。国民から選挙で選ばれた政治家による軍の統制を意味するが、戦後日本では文官統制は文民統制を構成する要素だと捉えられてきた。防衛省は設置法12条が文官統制を意味していないとの立場だが、就任前の中谷氏や石破茂元防衛相ら自民党の国防関係議員は、12条を文官統制の法的根拠とみなしていた。

 これを制度として支えてきたのが、防衛参事官制度と内局の運用企画局だ。防衛相を補佐する防衛参事官は背広組が独占していた。自衛隊の部隊運用(作戦)も内局の運用企画局が一端を担ってきた。

「ニュース」のランキング