産経ニュース

【戦後70年】インド国民軍創設の背景に日本の第五列組織「KAME」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【戦後70年】
インド国民軍創設の背景に日本の第五列組織「KAME」

日本の「第五列」組織「KAME」のシンボルマークとアイデンティティーバッジを伝えるMI5の報告書 (英国立公文書館所蔵)

世界有数のインテリジェンス

 シンガポール陥落の背景に「第五列」など日本軍の完璧なインテリジェンスがあったと分析した英国立公文書館所蔵の秘密文書(KV3/426)は、かつて日本が世界有数のインテリジェンス能力を持っていたことを示している。イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」など国際テロとの戦いでは、インテリジェンスが喫緊の課題となっているだけに注目を集めそうだ。(編集委員 岡部伸)

戦わずに兵投降

 シンガポールのマーライオン像近くにインド国民軍(INA)の「無名戦士」にささげる記念碑が建てられている。INAは1942年、英国からインドを解放するため、日本軍の支援を受けて陥落後のシンガポールで創設された。INAを誕生させたのは41年9月に誕生した藤原岩市少佐率いる「F機関」だった。英軍守備隊の7割を占めるインド兵を切り崩すことを目的に、タイにあったインド独立同盟(IIL)と協力。ベルリンに滞在していたインド独立運動の指導者、チャンドラ・ボースとの連絡を斡旋(あっせん)するなど植民地支配からの解放を目的に彼らを味方につけ、多くのインド兵を戦わず投降させ、INAに参加させた。

「ニュース」のランキング