産経ニュース

「日教組」答弁勘違い 民主批判、首相は訂正・謝罪 やじ反応には「木鶏たり得ず」と反省

ニュース 政治

記事詳細

更新


「日教組」答弁勘違い 民主批判、首相は訂正・謝罪 やじ反応には「木鶏たり得ず」と反省

衆院予算委で答弁する安倍首相=23日午後

 安倍晋三首相は23日の衆院予算委員会で、日教組に関する自らの答弁の事実誤認を認め、陳謝した。首相は、閣僚の献金問題を追及する民主党議員に「日教組はどうするの」とやじを飛ばし、同党と日教組の蜜月関係を浮き彫りにしたかったようだが、答弁での勘違いが“勇み足”となった。

 首相は19日の同委で民主党議員に「日教組」とやじを飛ばし、20日はその理由について「日教組は補助金をもらっている」「(日教組の本部がある日本)教育会館から献金をもらっている議員が民主党にいる」などと指摘した。ところが、日教組は国の補助金を受けた事実がなく、民主党議員が日本教育会館から献金を受けたこともなかった。

 首相は23日午前、「正確性を欠く発言があった。遺憾で、訂正する」と答弁したが、民主党の枝野幸男幹事長は記者団に「明確な謝罪もしない姿勢はあるまじき態度だ。『デマ首相』はいい加減にしてもらいたい」と激しく批判した。

 首相は午後に「不快な念を持たれた方がいれば申し訳ない気持ちだ」と陳謝。野党のやじに反応することが多いことには、中国の故事「荘子」に由来し、横綱・双葉山が69連勝で記録が途絶えた際に知人にあてた言葉を使い「『全くまだ木鶏(もっけい)たり得ず』だ。至らなさは反省する」と語った。

このニュースの写真

  • 「日教組」答弁勘違い 民主批判、首相は訂正・謝罪 やじ反応には「木鶏たり得ず」と反省

「ニュース」のランキング