産経ニュース

豊洲新市場移転「大和ハウス」が観光拠点整備事業から撤退…債務めぐり「東京都」と折り合わず

ニュース 政治

記事詳細

更新


豊洲新市場移転「大和ハウス」が観光拠点整備事業から撤退…債務めぐり「東京都」と折り合わず

 来年11月の築地市場(東京都中央区)の豊洲(江東区)移転に合わせ、新市場内に整備予定の観光拠点「千客万来施設」について、東京都は23日、運営事業予定者2社のうち、住宅大手「大和ハウス工業」(大阪市)が辞退したと発表した。

 都によると、もう1社の事業予定者で、すしチェーン「すしざんまい」を展開する喜代村(中央区)は事業を継続する意向を示している。都は今年度内の建設着手を予定していたが、一部計画が白紙となったことで、新市場との同時オープンは「厳しい状況」(都担当者)としている。

 都によると、搬入車両が使う通行路をめぐり、市場側と折り合いが付かなかったほか、都が条件に掲げた事業予定者2社で担当事業が不調だった場合、互いに債務を補填(ほてん)し合う連帯債務の項目に大和ハウス工業側が合意しなかったという。

「ニュース」のランキング