産経ニュース

日カタール首脳会談 対「イスラム国」で連携確認

ニュース 政治

記事詳細

更新


日カタール首脳会談 対「イスラム国」で連携確認

会談を前に握手するカタールのタミム首長(左)と安倍首相=20日午後、首相官邸

 安倍晋三首相は20日夜、カタールのタミム首長と官邸で会談した。イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」による日本人殺害脅迫事件を受け、テロ対策の連携強化などを盛り込んだ共同声明を発表した。

 首相は会談で、「過激主義の動きは何としても止めないといけない。食料、医療などの人道支援を拡充し、非軍事分野で毅然(きぜん)として責任を果たす」と述べた。

 一方、タミム首長は「2国間関係がさまざまな分野で、ともに発展をとげていることを歓迎する。日本との経済分野の関係を非常に重視している」とした。

 共同声明では、日本が中東の平和と安定維持のために行っている非軍事目的の人道支援などの積極的平和主義について、カタールから支持する考えが示された。カタールは日本への原油、液化天然ガス(LNG)の主要供給国で、LNGなどのエネルギーの供給を拡大することが表明された。

 一方、サッカーの2022年ワールドカップ(W杯)開催国であるカタールに対し、日本の技術を活用したインフラ開発で協力を拡大することも確認された。

「ニュース」のランキング