産経ニュース

【安保法制整備】自民・稲田氏「多国籍軍支援できるように…」 共産・小池氏「こんなことすれば殺し、殺される」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【安保法制整備】
自民・稲田氏「多国籍軍支援できるように…」 共産・小池氏「こんなことすれば殺し、殺される」

 --野党の中でも考え方に違いがある。昨年の閣議決定が集団的自衛権に関する憲法解釈の変更なのかどうか。石井氏は変更ではないとの考え。政府としては解釈を変えたという表現を使ってきたが、ここがはっきりしないと前に進まないのではないか

 稲田氏「憲法9条の解釈の変更ではない。なぜなら9条でも自衛権は認められているし、自衛権は自国の存立を脅かす場合に必要最小限度で自衛権が認められている。その一環としての集団的自衛権だ。ただ、集団的自衛権の解釈は、持っているが行使できないと言い続けてきた歴史がある。9条の自衛権の中で集団的自衛権が認められる本当に厳しい要件のもとで、そういう場合もあるのではないかというのが今回の新しい要件のもとの集団的自衛権だ」

 --個別的自衛権の上に集団的自衛権の一部もできるように新たに加えたことは事実として認識しているか

 稲田氏「最高裁は自衛権に対して集団的自衛権か個別的自衛権かの区別はしていない。そういう意味で、9条の自衛権の範囲内で、新しい要件のもとで他国が攻撃されている場合であっても、自国の存立が脅かされる場合には集団的自衛権を行使できるということだから、9条の解釈の核は変わらない」

 --海外での自衛隊による日本人の救出活動の方法が議論になっている。首相は邦人救出も念頭に置いている

「ニュース」のランキング