産経ニュース

【安保法制整備】自民・稲田氏「多国籍軍支援できるように…」 共産・小池氏「こんなことすれば殺し、殺される」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【安保法制整備】
自民・稲田氏「多国籍軍支援できるように…」 共産・小池氏「こんなことすれば殺し、殺される」

 自民党の稲田朋美政調会長ら与野党の政策責任者が15日のNHK番組に出演し、昨年7月1日の閣議決定に基づく安全保障法制整備について議論した。詳細は以下の通り。

 --集団的自衛権の行使容認に限定は必要ないか

 稲田氏「今回の安保法制整備は閣議決定に基づくが、変化する国際情勢の中でどうやれば日本の平和と安全、国民の生命を守ることができるか。切れ目ない形で守っていくための法整備をすることに尽きる。集団的自衛権の行使は、憲法9条の解釈としても主権国家として認められている。環境の変化の中で、他国(に対する攻撃)であったとしても、(日本の)存立を根底から覆すような場合には9条で『自衛権の行使』として認められるという、新しく厳しい(武力行使の)3要件の中で認めていく」

 --日本の存立が脅かされる事態の時は日本が米軍と共同して守ることも含めて考えるのか 

 稲田氏「日本の存立が脅かされ、国民の生命、身体、自由、幸福追求権が根底から覆される場合には自衛権の行使をするということだ」

「ニュース」のランキング