産経ニュース

朴槿恵大統領が二階総務会長と会談「歴史問題には慎重に対処」、前支局長の問題を日本側から提起

ニュース 政治

記事詳細

更新


朴槿恵大統領が二階総務会長と会談「歴史問題には慎重に対処」、前支局長の問題を日本側から提起

自民党の二階総務会長(左)との会談に臨む韓国の朴槿恵大統領=13日、ソウルの青瓦台(共同)

 【ソウル=名村隆寛】韓国を訪問中の自民党の二階俊博総務会長は13日、ソウルの韓国大統領府を表敬訪問し、朴槿恵(パク・クネ)大統領と会談した。

 二階氏によると、同氏は安倍晋三首相の親書を朴大統領に手渡した。朴大統領は「今年は(日本の戦後)70年の年でもあり注目されるだろう。歴史問題には慎重に対応していきたい」と述べたという。また慰安婦問題について、「(元慰安婦の女性たちが)生きているうちに問題を解決したいとの責任と思いがある」などと語ったという。

 一方、関係者によると、二階氏は、産経新聞の加藤達也前ソウル支局長が朴大統領の名誉を毀損(きそん)したとして起訴され、出国禁止状態が続いている問題についても提起したという。

 二階氏は同日、ソウル市の朴元淳(ウォンスン)市長とも会談。日韓の観光交流を進めていくことなどで意見交換した。

このニュースの写真

  • 朴槿恵大統領が二階総務会長と会談「歴史問題には慎重に対処」、前支局長の問題を日本側から提起

「ニュース」のランキング