産経ニュース

【野口裕之の軍事情勢】国連が「本尊」、左翼カルト集団が「悪魔払い」する集団的自衛権 

ニュース 政治

記事詳細

更新

【野口裕之の軍事情勢】
国連が「本尊」、左翼カルト集団が「悪魔払い」する集団的自衛権 

国連安全保障理事会。創設から70年を経ても国連が「連合国」の利権争いの場である現実は一向に変わらない=2014年12月30日、米ニューヨーク(AP)

 この時期になると、国連に難癖を付けたくなる。第二次世界大戦(1939~45年)最終年の2月4~11日まで米国/英国/ソ連の首脳が集まり会談を行った。席上、戦後の発足を議論していた国連の投票形態について米英ソに加えフランス/中華民国の5カ国の拒否権を決めた。従って敗戦70年の今年、国連も創設70周年を迎える。会談では、武装解除後の大日本帝國将兵や非武装の日本国民を大殺戮したソ連軍参戦→北方領土不法占領も密約しており、戦勝国米英ソがそれぞれに有利な戦後の世界秩序を引き寄せようとした「利権争いの場」と言い切っても良い。そんな生臭い会談で青写真が描かれた国連は「連合国」と呼ぶのがふさわしい。今なお「連合国の利権争いの場」である現実は変わらない。

 実際、韓国のネットユーザーは日本をいまだ「戦犯国」呼ばわりする。こんな具合に。アジア太平洋地域54カ国は1月、安全保障理事会・非常任理事国選出選挙(10月)で、日本を地域統一候補とする方針を決定。国連史上最多=11回目の非常任理事国入りを射程内に収めた。韓国メディアはネット上の「日本という名を聞くだけで悔しい」「早く統一して強くなるしかない」といった本音混じりの書き込みを紹介。「平和の象徴=国連が戦犯国を支持するなんて、恥を知れ」「戦犯国がなぜ非常任理事国になれるのか」などの投稿も掲載した。

「ニュース」のランキング