産経ニュース

【普天間移設】翁長知事、2度目の官邸詣でも袖… 菅長官なお根強い不信「面会予定ない」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【普天間移設】
翁長知事、2度目の官邸詣でも袖… 菅長官なお根強い不信「面会予定ない」

会談後、報道陣の質問に答える翁長雄志沖縄県知事=6日午後、首相官邸(宮崎裕士撮影)

 沖縄県の翁長雄志知事は6日、首相官邸で杉田和博官房副長官と面会し、米軍普天間飛行場の運用を5年以内に停止し、県外に移設するよう求める要請書を提出した。1月14日以来2回目の官邸訪問に、今回も安倍晋三首相や沖縄基地負担軽減担当相を兼ねる菅(すが)義偉(よしひで)官房長官との会談は実現しなかった。官邸サイドの翁長氏への根強い不信感がまだ解消されていないのだ。

 翁長氏は「県軍用地転用促進・基地問題協議会」会長として約10分間会談、「普天間の固定化を絶対に避けてほしい。県外移設と早期返還に取り組んでもらいたい」と要望した。

 杉田氏は「固定化の回避は全く私も一緒だが、危険性を除去するには名護市辺野古への移設が唯一の方法だ」とつれなかった。

 翁長氏の上京は昨年12月の知事就任以降6度目。この間、会談できた閣僚は山口俊一沖縄北方担当相だけ。その山口氏も6日の記者会見では「過去2回お目にかかり、突っ込んだ話もした」と述べ、今回は面会しない考えを強調した。

 「翁長氏やそのスタッフと信頼関係が生まれていく中で対応したい」

 首相は3日の参院予算委員会でこう述べ、翁長氏と当面会う考えがないことを示唆。菅氏も6日の記者会見で「面会予定はない」と明言した。上京するたびに首相や菅氏と面会していた仲井真(なかいま)弘多(ひろかず)前知事への対応とは雲泥の差といえる。

「ニュース」のランキング