産経ニュース

【イスラム国殺害予告】中東歴訪突いたイスラム国 中東和平支援は好意的評価受けたが… 限られる交渉手段

ニュース 政治

記事詳細

更新

【イスラム国殺害予告】
中東歴訪突いたイスラム国 中東和平支援は好意的評価受けたが… 限られる交渉手段

 中東歴訪最終日の朝、安倍晋三首相の元に飛び込んできた過激派「イスラム国」とみられる集団による日本人2人の殺害予告の一報。首相は今回の外遊でイスラム国対策として2億ドルを拠出し、「テロとの戦い」での連携を表明したばかり。イスラム国側は、そのタイミングに合わせてきたとみられる。

 「人命を盾にとって脅迫することは許し難いテロ行為であり、強い憤りを覚える」

 首相は20日午前10時45分ごろ(日本時間同日午後5時45分ごろ)、当初の予定より約1時間遅れで始まったエルサレムでの記者会見でこう述べ、テロに屈しない姿勢を重ねて強調した。

 安倍首相はその約3時間前、殺害予告のビデオ声明をネット上で確認した外務省から報告を受けていた。首相自身も確認し、午前9時ごろ(同午後4時ごろ)に菅(すが)義(よし)偉(ひで)官房長官に対して(1)事実関係の確認に全力を尽くす(2)関係各国と協力し、人命第一に対応する-ことを指示した。

「ニュース」のランキング