産経ニュース

【今週の焦点】安倍首相が中東歴訪 対テロで「積極的平和外交」アピール

ニュース 政治

記事詳細

更新

【今週の焦点】
安倍首相が中東歴訪 対テロで「積極的平和外交」アピール

安倍晋三首相

 安倍晋三首相は16~21日の日程でエジプト、ヨルダン、イスラエル、パレスチナ自治区を歴訪、自らが掲げる「地球儀を俯瞰する外交」を再始動させ、「積極的平和主義」をアピールする。最初の訪問国、エジプトで外交・安全保障政策に関するスピーチを行い、中東の平和と安定に貢献する考えや、フランスの週刊紙本社銃撃事件を受けて「テロとの戦い」での貢献や各国などとの連携を表明する方針だ。

 首相が第2次政権発足後、中東に足を運ぶのは5度目。ヨルダン、イスラエル、パレスチナを日本の首相が訪問するのは平成18年7月の小泉純一郎首相(当時)以来。エジプトには安倍首相が第1次政権時の19年5月に訪れている。

 首相が第3次政権初の外国訪問に中東4カ国・地域を選んだのは、中東が国際通商上の主要な海上ルートに位置し、石油などエネルギー資源を世界に供給する重要地域であるためだ。

 また、仏週刊紙銃撃事件の背景には、シリアとイラクの一部地域を実効支配するイスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」の“世界革命”に向けた扇動が影響しているともみられている。首相は各首脳らとの会談で、今回の事件に関し「このような卑劣なテロはいかなる理由でも許されない」と非難するとともに、イスラム過激派によるテロ阻止への協力を呼びかける考えだ。

このニュースの写真

  • 安倍首相が中東歴訪 対テロで「積極的平和外交」アピール

「ニュース」のランキング