産経ニュース

【民主党代表選】バラバラ民主 はや露呈 伯仲3者、再編で火花

ニュース 政治

記事詳細

更新

【民主党代表選】
バラバラ民主 はや露呈 伯仲3者、再編で火花

民主党代表選の共同記者会見で、握手を交わす(左から)岡田代表代行、細野元幹事長、長妻元厚労相=7日午後、東京・永田町の党本部

 長妻氏は「民主党が明確に旗を立てるのが先決だ」と述べた。推薦人には赤松広隆前衆院副議長ら旧社会党、そして自治労、日教組出身議員が名を連ね、「リベラル・左派」連合の様相を呈する。いずれも労働組合批判を繰り返す維新の党への嫌悪感を隠さない。

 岡田氏支持の主体は野田佳彦前首相や枝野幸男幹事長ら政権時代の中枢が占める。推薦人には直嶋正行元経済産業相ら民間労組系、元社民党の辻元清美、阿部知子両氏と幅広い勢力が混在する。岡田氏は維新との合流について「橋下徹最高顧問が民主党の一部と一緒になると言う。民主党の分裂が前提であり、到底受け入れられない」と述べた。

 細野氏には長島昭久元防衛副大臣ら保守系の中堅・若手が目立つ。野党再編志向の強い細野氏は「一緒になるのは現実的には難しい」と封印する考えを示した。ただ、推薦人の松本剛明元外相らは党名変更や新党構想もぶち上げ、再編に積極的だ。橋下氏と親交の深い前原誠司元外相も細野氏支援の条件に野党再編を挙げる。

 3人が党の課題として掲げたのは、ともに党内のガバナンスの徹底だった。ただ、その手法をめぐっても、さや当てを演じた。

 ガバナンスの手法を問われた岡田氏は「細野氏と考え方が違うのは、党の中に派閥を作ることだ。古い自民党になる」と述べ、掛け持ち可能なグループ主体の同党で派閥「自誓会」を立ち上げた細野氏を批判。細野氏は造反者への「厳しい対応」をちらつかせ、長妻氏は「決めたから従えではない」と反論した。

「ニュース」のランキング