産経ニュース

【民主党代表選】細野氏、またも枝野幹事長批判 「候補者立てられず、選択肢提示できず」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【民主党代表選】
細野氏、またも枝野幹事長批判 「候補者立てられず、選択肢提示できず」

 来年1月の民主党代表選への出馬を表明している細野豪志元幹事長は22日夜のBSフジ番組で、枝野幸男幹事長について「今回の衆院選は候補者数が不十分だった。枝野氏は幹事長として候補者を立てられず(有権者に)選択肢を提示できなかった」と批判した。

 細野氏は、次期衆院選で原則295選挙区の全てに同党候補を擁立すべきだとする枝野氏の主張には「同じ考えだ」と述べた。ただ、今回の衆院選で選挙区の候補者擁立が178人にとどまり、当選者が計73人だったことには「党の存在意義そのものが問われている。敗北以外の何ものでもない」と強調。枝野氏ら党執行部の対応を重ねて批判した。枝野氏は、代表選で細野氏を支援しないことを公言している。

「ニュース」のランキング