産経ニュース

【衆院選2014】「田母神票」が別人の票に? 「不正では…」ネットの動画で騒然、真偽は?

ニュース 政治

記事詳細

更新

【衆院選2014】
「田母神票」が別人の票に? 「不正では…」ネットの動画で騒然、真偽は?

YouTube」に投稿された、公明党の太田昭宏氏と次世代の党の田母神俊雄氏が立候補した選挙区の開票の様子を録画した動画=18日(「YouTube」から、松本健吾撮影)

 選管の担当者は「候補者がぐちゃぐちゃになっていても全く不思議ではなく不正でも何でもない。開票の流れを知っている人ならば誰でも分かることだ」と説明している。

次世代の党「万一の場合は当選無効訴える」

 ネット上でも「不正だ」とする批判的な意見に紛れて《読み取り前に束ねているだけ》《意外にシステムを知らない人が多い》とする冷静な書き込みも散見された。

 足立区選管によると、動画を見た有権者や関係者からの問い合わせが相次いでいるという。担当者は「あたかも不正があったかのような印象を多くの有権者に与え、不安をかき立てる悪意に満ちた動画だ」と批判。今後は、参観人席からの写真や動画の撮影禁止も含めた対策を検討する可能性もあるという。

 東京12区では、太田氏が8万8499票を獲得して当選。田母神氏は3万9233票で落選した。

 田母神氏の事務所担当者は「動画には、実際に票を数えているような様子などが映っておらず、単に束ねているだけとみられる。機械にかける前の作業とみられ、こちらから何らかの措置を取ることは考えていない」と話している。

 田母神氏の所属する次世代の党は17日、足立区選管に経緯の説明を求め、「不正ではない」とする回答を得たという。ただ、担当者は「不正の真偽を確認している段階。万一、不正と分かれば(太田氏の)当選無効を訴えるなどの措置を当然検討する」と話している。

「ニュース」のランキング