産経ニュース

【安倍首相会見(中)】「われわれは安定した低廉なエネルギーを供給していく責任がある」

衆院選2014特集 政治

記事詳細

更新

【安倍首相会見(中)】
「われわれは安定した低廉なエネルギーを供給していく責任がある」

記者会見する安倍晋三首相=15日午後、東京・永田町の自民党本部(酒巻俊介撮影)

 --改めて選挙の結果の受け止めは。投票率が戦後最低だった点も踏まえ、今後の政権運営にどう当たるか。例年であれば税制や予算編成の時期だが遅れが生じている。今後の経済対策、補正予算編成、本予算編成について、どのようなスケジュール感を描いているか

 「たくさんの質問を1度にいただきましたが、まず今回の選挙の結果、われわれは2年前、いわゆる異次元の経済政策、3本の矢の政策を進めていくと国民に約束しました。その結果、2年前、3年前、日本を覆っていた暗く重い空気、連鎖倒産、行き過ぎた円高、日本企業の海外への脱出、この空気を大きく変えることができました。倒産件数は2割減り、この2年間で100万人以上の雇用を作ることができました。宿題だった正規雇用も7月、8月、9月、10万人以上増やすことができました。こうした私たちの実績に対して評価をいただくとともに、しっかりとこの景気回復の暖かい風を各地域に、あるいは中小企業、零細事業で、そして小規模事業で働いている皆さんの下にも届けよ、この政策をしっかり進めていけとの声をいただいたと思っています」

 「投票率については常に政治の課題であろうと思います。前回の総選挙も残念ながら戦後最低と言われました。われわれは当時、野党でありました。私は野党の党首ではありましたが、大変残念だったなと思いました。今後、投票率を上げていくために、政治への信頼と同時に、国民の皆さまの一票が日本をつくっていくということをしっかりと、国民に訴え続けなければならないと考えました。同時に、あの寒い雪、あるいはみぞれの振る中、投票所に足を運んでいただき、自民党、公明党、あるいは民主党、維新、そして共産党、次世代、さまざまな党にしっかりと自分の意思を表示をして、自分の権利を国造りに生かしたい。この権利を行使した皆さんに対し、改めて敬意を表したいと思います」

衆院選2014特集

「ニュース」のランキング