産経ニュース

「今後は民主党の一党員として、地域でできるだけのことをしたい」民主党・海江田代表会見要旨

衆院選2014特集 政治

記事詳細

更新


「今後は民主党の一党員として、地域でできるだけのことをしたい」民主党・海江田代表会見要旨

代表辞任を表明する海江田万里(民主党代表)=15日午後、千代田区永田町の民主党本部(宮川浩和撮影)

 民主党の海江田万里代表が15日に行った記者会見の要旨は次の通り。

 【民主党代表辞任】

 議席を失うことが確定した時点で辞任を決意した。民主党は今回の衆院選で73議席を獲得したが、「安倍政権の暴走を許してはならない」という国民の声を受け止める数字にならなかった。今後は民主党の一党員として、地域でできるだけのことをしたい。政治活動は続け、新代表の言う通りに活動する。

 【衆院選結果】

 選挙戦で「(民主党政権下の)3年3カ月を忘れていない」との声を聞いた。民主党が十分に国民の信頼をつなぎ留めていなかった。代表就任後、早い段階から野党間の選挙区調整が必要だと感じ、最初から選挙区すべてを(民主党候補で)埋めることはしないできた。結果的に衆院過半数以上の候補者を立てられず、比例代表の得票にも大きな影響を与えた。比例の議席数が伸びなかったのは反省材料だ。

 【野党再編】

 新代表は民主党の団結を守り、来春の統一地方選で確実に党を再生していけるよう希望する。私は2年間、党の団結に心を砕いてきた。

 他の野党と一緒になるからといって民主党が割れるのは悲しい。そういうことがないようにお願いしたい。他の野党とは、まず国会での共闘などを積み重ねるのが大切だ。党内で熟議し、物事が決まったら全員従う党風が求められる。

衆院選2014特集

「ニュース」のランキング