産経ニュース

特別国会、24日召集へ 同日中に首相指名

衆院選2014特集 政治

記事詳細

更新


特別国会、24日召集へ 同日中に首相指名

 政府・与党は10日、14日投開票の衆院選を受けて首相指名選挙を行うための特別国会について、24日に召集する方針を固めた。会期は26日までの3日間。自民党幹部が明らかにした。

 24日は、第2次安倍晋三改造内閣が総辞職した後、衆院本会議で正副議長と首相を選出、同日中に組閣が行われる予定。産経新聞社の終盤情勢では自民、公明両党が衆院で過半数を得ることが確実となっており、安倍首相(自民党総裁)が引き続き首相に指名され、第3次安倍内閣が発足する見通しだ。

 政府・与党は当初、23日の天皇誕生日までに衆院正副議長を選出するため、22日の召集も模索した。しかし、比例代表で当選した議員の当選証書がそろわない可能性があるため、24日召集で調整することにした。

 自民党幹部は「仮に野党から代表選への配慮を求められても、平成26年度補正予算編成なども考えると、召集日はこれ以上ずらせない」としている。

 政府は26日にも、円安に伴う燃料高騰対策などを盛り込んだ緊急経済対策素案を策定。与党は27年度与党税制改正大綱の30日の決定を目指す。

 憲法は、衆院選後30日以内に特別国会を召集することを定めている。

衆院選2014特集

「ニュース」のランキング