産経ニュース

【衆院選2014】小渕優子氏、涙の訴え「もう一度スタートラインに戻る」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【衆院選2014】
小渕優子氏、涙の訴え「もう一度スタートラインに戻る」

 「もう一度スタートラインに戻って、一からやっていく覚悟です」。政治資金問題で経済産業相を辞任した自民前職の小渕優子氏(41)=群馬5区=は2日、出陣式で涙を浮かべながら支援者らに改めて謝罪し、かつてない逆風下の中で再出発を誓った。

 小渕氏をめぐっては、関連政治団体が開いた「観劇会」の収支がずれていることが10月に判明。東京地検特捜部が、元秘書で群馬県中之条町長だった折田謙一郎氏(66)の自宅や小渕氏の地元事務所を家宅捜索し、捜査を進めている。

 こうした中で出馬を決意した小渕氏はこの日、同県渋川市の渋川八幡宮で当選を祈願。支援者らに「今の私があるのは皆さんに支えてもらったおかげ。私にとっても、もうこの道しかない」と支援を呼び掛けた。

 「最初の選挙に戻る気持ちで地元に張り付く」との宣言通り、今後も大規模集会は開かず選挙区内をこまめに回る予定という。渋川市の主婦、小野沢和子さん(70)は「若いし、失敗してもまだやり直せる。また国のために頑張ってほしい」と期待を込めた。

 群馬5区では小渕氏のほか、共産新人の糸井洋氏(46)と社民新人の小林人志氏(63)が立候補している。

「ニュース」のランキング