産経ニュース

【党首討論会】(6)安倍首相 首相のフェイスブック発信は「時代の変化」

衆院選2014特集 政治

記事詳細

更新

【党首討論会】
(6)安倍首相 首相のフェイスブック発信は「時代の変化」

 --権力と報道。11月20日付で萩生田氏が民放各局に中立公正の報道のお願いという文書を出した。きめ細かく出演回数、出演時間、過去の映像をどう使うか。街頭の話をどう選択するかについても注文がついている。これは過去になかった話。政権政党がその手の圧力ともとられる、自粛にもつながることをすべきか。

 安倍氏「まず、公平公正というのは当然のことなんだろうと思います。公平公正ではなくて、何か思い込みをもって事実でない報道をしようということがあれば、その公平公正というのは、(胸に)刺さるんだろうと。公平公正にやっている方々は当然、公平公正にやっていただければいいのであって、米国はフェイネスドクトリンがテレビにはない。フェイネスでなくていいんです。自由にやっていいです。しかし、日本は、放送法があってフェイネスドクトリンというのがありますから、そこは米国とは全然違うということは申し上げて起きたいと思いますし、やはり、例えば、一方的にある党をおとしめようとしてやっていけば、できるわけでありますから、しかし、それは当然、公平公正にやっていけば全然問題はないんだろうと思います」

 --あれは、安倍さんのご意向ですか。

 安倍氏「いちいち私はそんな指示はいたしません。党としてそういう考え方でやったんだろうと思いますが、公平公正にもしやっておられるなら、何の痛痒(つうよう)も感じられないのではないかと思います」

続きを読む

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 次へ
衆院選2014特集

「ニュース」のランキング