産経ニュース

長崎県、対馬の仏像盗難対策で博物館新設へ 中村知事が表明

ニュース 政治

記事詳細

更新


長崎県、対馬の仏像盗難対策で博物館新設へ 中村知事が表明

長崎県対馬市の寺から盗まれた仏像「誕生仏」(市教育委員会提供

 長崎県対馬市で貴重な仏像の盗難事件が発生していることを受け、中村法道長崎県知事は27日、対馬に博物館を新設し、市内の寺社や個人から文化財を預かる計画の具体化を急ぐ方針を明らかにした。仏像などは長年にわたって住民の信仰の対象になっており、文化財を預けた寺社や個人には複製品を渡すことも検討している。

 中村知事は記者会見で「人口が減少し、地域によっては文化財に人の目が届かない状況にある」と説明、公的な施設で文化財を一括管理する必要性を強調した。

 博物館は、県と対馬市が協力し、市内にある県立対馬歴史民俗資料館の敷地に整備する見通し。

 対馬は、朝鮮半島からの渡来仏など貴重な文化財が多い。県によると、市内では国の重要文化財として10件、県の有形文化財(美術工芸品)には24件が指定されている。

「ニュース」のランキング