産経ニュース

【衆院選2014】渡辺喜美氏、新党結成断念 松沢、和田両氏は次世代入り

ニュース 政治

記事詳細

更新

【衆院選2014】
渡辺喜美氏、新党結成断念 松沢、和田両氏は次世代入り

 解党が決まったみんなの党の渡辺喜美前代表は26日、栃木県那須塩原市で記者会見し、衆院選前の新党結成を断念した上で栃木3区から無所属で立候補すると表明した。これとは別に、同党の松沢成文、和田政宗両参院議員も国会内で記者会見し、解党後の29日に次世代の党に入党することを明らかにした。

 渡辺氏は会見で、新党設立に必要な5人の国会議員を確保していたと語った。衆院選前の新党結成を見送った理由については「分裂の火種を抱える党ではいけない。安易に妥協せず、純化路線を貫いた結果だ」と強調した。渡辺氏は産経新聞の取材に対し、「選挙結果を踏まえて新党結成を模索する。腰を据えて同志を結集していく」と述べ、引き続き新党結成を目指す考えを示した。

 次世代は、松沢氏を副党首、和田氏を副幹事長にそれぞれ起用する方針だ。

「ニュース」のランキング