産経ニュース

【衆院選】午後1時過ぎに衆院解散へ 12月2日に公示、14日投開票

ニュース 政治

記事詳細

更新

【衆院選】
午後1時過ぎに衆院解散へ 12月2日に公示、14日投開票

首相官邸に入る安倍首相=21日午前

 衆院は21日午後の本会議で解散される。本会議後、政府は臨時閣議で衆院選日程を「12月2日公示-14日投開票」と決定する。衆院選は自民、公明両党が民主党から政権を奪還した平成24年12月以来、2年ぶり。各党は、安倍晋三首相が掲げる経済政策「アベノミクス」の是非を大きな争点として、選挙戦に臨む。

 政府は21日午前の閣議で解散詔書を決定し、全閣僚が関係書類に署名した。午後1時すぎの衆院本会議で伊吹文明議長が詔書を朗読し、衆院は解散される。

 菅義偉(すが・よしひで)官房長官は同日午前の記者会見で「首相自身はデフレ脱却、経済再生に極めて強い意欲を持って今回まで取り組んでいる」と選挙戦への意気込みを語った。

 首相は19日の記者会見で、消費税率10%への引き上げを平成29年4月に延期する方針を決め、「重い決断をする以上、速やかに国民に信を問う」と今回の解散の理由を説明した。

「ニュース」のランキング