産経ニュース

【衆院選】首相はなぜ解散を決断したのか 幻となった4月総選挙 決断を早めたのは…

ニュース 政治

記事詳細

更新

【衆院選】
首相はなぜ解散を決断したのか 幻となった4月総選挙 決断を早めたのは…

安倍晋三首相

 「民主党はそんなに解散したいのか?」

 10月下旬、安倍晋三首相はこうつぶやいた。

 当初、無風と思われていた秋の臨時国会は荒れに荒れた。9月に民主党幹事長に就任した枝野幸男氏が「私が首相だったら年内解散だ」と吹聴し、解散封じに向け、スキャンダル国会を仕掛けてきたからだ。

 国会は空転し、10月20日には小渕優子経済産業相、松島みどり法相がダブル辞任に追い込まれた。それでも閣僚の追及は止まらない。「撃ち方やめ」を模索していた首相だが、ついに反撃に出た。

 10月30日の衆院予算委員会。首相は、質問に立った枝野氏とJR総連、革マル派の関係を逆に追及した。腹の中は半ば年内解散に傾いていた。

 そして外遊を目前に控えた11月7日。野党側の出席拒否により衆院厚生労働委で90分間も「待ちぼうけ」を食らった首相は一気に動いた。自民党の谷垣禎一幹事長、公明党の山口那津男代表と相次いで官邸で会い、年内解散を念頭に置いていることを伝えた。

「ニュース」のランキング