産経ニュース

「尖閣は日米安保の対象」防衛相とハリス米司令官が一致

ニュース 政治

記事詳細

更新


「尖閣は日米安保の対象」防衛相とハリス米司令官が一致

 江渡聡徳防衛相は5日、ハリス米太平洋艦隊司令官と防衛省で会談し、尖閣諸島(沖縄県石垣市)について、日米安全保障条約の適用範囲との認識で一致した。

 江渡氏は、尖閣諸島周辺で中国公船による領海侵入が繰り返されている事態に懸念を表明。ハリス氏は「尖閣諸島は日米安保条約の対象になっている」と強調し、米側の防衛義務を確認した。

 日米防衛協力指針(ガイドライン)の見直しについては、江渡氏が「(集団的自衛権の行使容認を踏まえた)安全保障法制と整合性をとっていく」と説明。ハリス氏は「その作業が、両国にとって良い方向になればと考えている」と応じた。

「ニュース」のランキング