産経ニュース

【カジノ法案】黄信号に焦る推進派、首相に“賭け” 公明は慎重姿勢崩さず

ニュース 政治

記事詳細

更新

【カジノ法案】
黄信号に焦る推進派、首相に“賭け” 公明は慎重姿勢崩さず

 首相が先月8日の参院予算委員会で、カジノの合法化を目指す超党派「国際観光産業振興議員連盟」(IR議連)の最高顧問を辞任する考えを表明したことも推進派の勢いをそいだ。衆院内閣委の与党理事は「カジノ法案をどうしてもやらなきゃいけないという雰囲気はない。今国会は無理だと思う」と語り、政府高官も「来年の通常国会でやればいい」と述べた。

 ただ、IR議連幹部は、公明党に党議拘束をかけず採決に応じるよう働きかける考えで、首相と山口氏との与党党首会談による局面打開も期待している。幹部はこう意欲を語った。

 「あきらめたら終わっちゃう。まだまだ一発逆転はあるぞ…」

(沢田大典、豊田真由美)

「ニュース」のランキング