産経ニュース

【評伝】故岡崎久彦氏 「エレガントなサムライだった…」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【評伝】
故岡崎久彦氏 「エレガントなサムライだった…」

千葉「正論」懇話会で熱弁をふるった岡崎久彦・元駐タイ大使=平成20年9月26日(佐藤修撮影)

 エレガントなサムライ-それが岡崎さんだった。社交の場ではほほえみを浮かべながら、歩み寄ってくる相手の話にじっくりと耳を傾け、穏やかな口調で的確なコメントを返す。「大使の社交とはかくあるべし」と思わせる振る舞いだった。

 安倍晋三さんが自民党総裁に返り咲いた直後のことだ。評論家の金美齢さんのお宅でお祝いのパーティーが開かれたとき、歩み寄ってきた安倍さんを笑顔で迎え、ゆったりと談笑する姿が強く印象に残っている。岡崎さんには、周りの者が教えを請いたくなるようなオーラが確かにあった。

 民主党が政権の座にあったとき、同党若手国会議員の要請でキッシンジャーの『外交』全31章を読み解く勉強会の講師を務めた。20世紀の米国外交を知る上で欠かせぬ文献の監訳者である岡崎さんが直々に講義するとあって、自民党からも多数の若手が参加した。

 月1回のペースで開かれた勉強会は8カ月続き、講義録はただちに『二十一世紀をいかに生き抜くか』というタイトルでPHP研究所から出版された。同書は外交戦略を考える者にとって必読の書である。

「ニュース」のランキング