産経ニュース

【福島県知事選】内堀氏が当選確実 与野党相乗りで佐藤県政継承

ニュース 政治

記事詳細

更新

【福島県知事選】
内堀氏が当選確実 与野党相乗りで佐藤県政継承

内堀雅雄氏

 東日本大震災と東京電力福島第1原発事故後、初めてとなった福島県知事選は26日投票され、いずれも無所属新人で、前副知事の内堀雅雄氏(50)が初当選を確実にした。

 立候補しているのは内堀氏のほか、元福島県双葉町長の井戸川克隆氏(68)、牧師の五十嵐義隆氏(36)、元岩手県宮古市長の熊坂義裕氏(62)、コンビニ店長の伊関明子氏(59)、建設会社社長の金子芳尚氏(58)。

 福島の復興を加速するかじ取り役を選ぶ今回の選挙は、引退する佐藤雄平知事(66)の路線継承か刷新かが最大の焦点となった。内堀氏は、事実上の後継者として「県政継続」を訴え、自民、民主、公明、社民の支援や業界団体の後押しを受けた。候補者全員が「県内の原発全基廃炉」を訴え、争点の違いが見えにくい選挙となるなか、内堀氏が盤石な組織力で他候補を退けた。

 現在も県民の約13万人が避難生活を続け、このうち約4万6千人が県外での生活を余儀なくされている。内堀氏は生活支援や除染、農水産物の風評被害対策など山積する課題に取り組むことになる。

 選挙戦をめぐっては、自民党県連が一時、独自候補を擁立したものの断念し、党本部が民主、社民と“相乗り”する形で内堀氏の支援に回った。

「ニュース」のランキング