産経ニュース

厚労相、GPIF改革の議論加速指示 組織改革で作業チーム設置

ニュース 政治

記事詳細

更新


厚労相、GPIF改革の議論加速指示 組織改革で作業チーム設置

社会保障審議会の年金部会で、年金運用法人の組織改革を要請する塩崎厚労相(右)=15日午後、東京都千代田区

 塩崎恭久厚生労働相は15日、社会保障審議会(厚労相の諮問機関)の年金部会に出席し、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の組織改革について「アベノミクスの最重要課題」として議論を急ぐよう求めた。これを受け、同日の年金部会は専門家による作業チームを新設し、組織改革を議論する方針を決めた。

 厚労相自ら諮問機関に出席するのは異例。塩崎氏はGPIFの理事長に権限が集中している現行の組織体制について、日銀の政策委員会に準じた組織を踏まえ「(理事会の)合議制による体制が望ましいとされていることも念頭に検討をお願いしたい」と見直しを求めた。

 独立性の確保については「短期的な見方や(外部の)圧力に振り回されないよう、政府から一定の独立性の確保が重要」と指摘。一方、国民が老後の備えとして受け取る公的年金を原資とするだけに「GPIFは国民益の最大化こそが使命との基本認識のもとで、ベストの年金運用を目指していることを国民に説明する責任も求められる」と述べた。

「ニュース」のランキング