産経ニュース

【本紙前ソウル支局長起訴】韓国は「幼稚」 軍事政権下と体質変らず RKBの元ソウル特派員、沈黙破る

ニュース 政治

記事詳細

更新

【本紙前ソウル支局長起訴】
韓国は「幼稚」 軍事政権下と体質変らず RKBの元ソウル特派員、沈黙破る

 朴槿恵(パク・クネ)韓国大統領に関するコラムをめぐり、産経新聞の加藤達也前ソウル支局長がソウル中央地検に情報通信網法における名誉毀損(きそん)(きそん)で在宅起訴された問題について、元RKB毎日放送(福岡市、TBS系列)のソウル特派員、廣崎靖邦氏(72)が産経新聞の取材に応じた。延長ビザの発給に、理由もなく圧力をかけられたという廣崎氏は、朴政権について「30年たってもあの国の本質は変らない」と断じ、以下のように語った。(奥原慎平)

 私は1984年2月から86年8月までRKBのソウル支局長として全斗煥(チョン・ドゥファン)政権下の韓国社会を取材しました。ビデオテープの検閲、通信傍受などにより取材活動は筒抜け状態でした。

 30年たってもあの国の“怖さ”は変わりません。(産経の)加藤氏のケースは民主国家として信じられない行動です。

 問題となっているコラムは、地元紙(朝鮮日報)の引用に過ぎず、加藤氏の意見を表明したわけではない。なのに、名誉毀損で在宅起訴までされるとは…。幼稚というほかない。

「ニュース」のランキング