産経ニュース

日本人入場「条件付き」 IR議連がカジノ法案修正へ

ニュース 政治

記事詳細

更新


日本人入場「条件付き」 IR議連がカジノ法案修正へ

 カジノを中心とした統合型リゾート施設(IR)の整備を推進する超党派の「国際観光産業振興議員連盟」(IR議連)は10日の幹部会で、日本人の施設利用について、入場制限や入場料徴収などの条件付きで認める方針で一致した。IR議連はすでに提出している関連法案を修正、今国会での成立を目指す。

 カジノをめぐっては、ギャンブル依存症や多重債務者の増加など日本人への悪影響が指摘されている。このため、議連は「入場できる者の範囲の設定、入場料徴収など必要な措置を講ずる」との文言を法案に盛り込むことにした。

 議連事務局長の萩生田(はぎうだ)光一・自民党総裁特別補佐は「国内の施設を外国人専用とすることは憲法上問題がある。日本人も一定の要件を満たせば入れるよう規定したい」と説明した。

 議連は関連法案の今国会中の成立を優先させる方針で、日本人に対する入場規制の詳細な制度設計については、法案施行後1年以内に整備するとしている実施法案の中に盛り込む考え。

「ニュース」のランキング