産経ニュース

【山谷氏への「懇ろ」やじ】「懇ろ」やじに逃げの一手 問われる民主党の品格

ニュース 政治

記事詳細

更新

【山谷氏への「懇ろ」やじ】
「懇ろ」やじに逃げの一手 問われる民主党の品格

参院予算委員会で民主党の小川敏夫氏の質問をうんざりした表情で聞く女性閣僚。(左から)山谷えり子国家公安委員長、有村治子行革相、松島みどり法相=7日午後、国会・参院第1委員会室(酒巻俊介撮影)

 「宿泊先まで知っているっていうのは、懇ろの関係じゃねえか」

 こんな品性を疑うようなやじが、こともあろうか国権の最高機関である国会で叫ばれた。7日の参院予算委員会。民主党の野田国義参院議員が、山谷えり子国家公安委員長に対して放った“セクハラ”やじのことだ。

 ところが、当の本人は8日になって謝罪したものの、“誤解”をわびただけ。所属する民主党の幹部はセクハラやじと認めず、記者から逃げ回るありさまだ。都議会のセクハラやじ問題では批判したはずの民主党だが、身内の問題には逃げの一手だ。

 このやじは、5年前に山谷氏の滞在先のホテルを「在日特権を許さない市民の会」(在特会)の関係者の男性が訪問したことを同党の議員が追及した際に、野田氏が委員会内で発言した。野田氏は翌8日になり、マスコミの追及を受ける形で、「思想的に親しいとの意味で使った。誤解を招いて申し訳なかった」と弁明したが、山谷氏への謝罪については「それはちょっと…」と言葉を濁すばかりで、誰に向かっての謝罪なのかよく分からなかった。

 広辞苑によると、「懇ろ」とは(1)心づかいのこまやかなさま(2)念入りにするさま(3)互いに親しみあうさま(4)男女がひそかに情を通じること-を意味する。

このニュースの写真

  • 「懇ろ」やじに逃げの一手 問われる民主党の品格
  • 「懇ろ」やじに逃げの一手 問われる民主党の品格

「ニュース」のランキング