産経ニュース

自衛隊は実際に戦えるのか? ソマリアが舞台の『土漠の花』著者・月村了衛さんに聞く

ニュース 政治

記事詳細

更新


自衛隊は実際に戦えるのか? ソマリアが舞台の『土漠の花』著者・月村了衛さんに聞く

「冒険小説の復権を目指したい」と話す月村了衛さん

 --登場人物で、訓練では射撃の名人だが実戦で撃てない自衛官がいたが、これも実際ありそうだ

 「ありがとうございます。読者にそう言ってもらえると、その登場人物が血肉を持ちえたということなので、良かったなと思います」

 --冒頭の危機的な場面で、自衛隊の部隊が全滅ということもあり得たのでは

 「そして現地は土漠ですから、証拠隠滅はいくらでも可能なので、そうすると部隊ごと『謎の消滅』ということになってしまいますよね。どこそこのテロ組織が実行したんじゃないか、という憶測はできるでしょうけれど、証拠がないので憶測の範囲を出ない。文明社会でもジャーナリストの暗殺が驚くほど行われていますよね。これも犯人は憶測するしかなく、そういう状況はリアルなんじゃないでしょうか。例えばロシアでは、分かっているだけで100人以上のジャーナリストが殺されています。アフリカやチベットやチェチェンなどに、心あるジャーナリストは命がけで潜入したりするんですけれど、そういう人たちは国家の保護を受けられずにそのまま行方不明という事例も、一般の人が考えている以上に多いんじゃないでしょうか」

このニュースの写真

  • 自衛隊は実際に戦えるのか? ソマリアが舞台の『土漠の花』著者・月村了衛さんに聞く

「ニュース」のランキング