産経ニュース

自衛隊は実際に戦えるのか? ソマリアが舞台の『土漠の花』著者・月村了衛さんに聞く

ニュース 政治

記事詳細

更新


自衛隊は実際に戦えるのか? ソマリアが舞台の『土漠の花』著者・月村了衛さんに聞く

「冒険小説の復権を目指したい」と話す月村了衛さん

 「もうこれは冒頭から大変なことになっているので、自衛隊というよりは人間として戦わざるをえないでしょう。最近、閣議決定された集団的自衛権の問題がありますが、あれは執筆が終わってだいぶたってからの話で、いろんな方から『狙って書いたのですか』と聞かれますが、それは執筆中には考えてもいません。(集団的自衛権の問題が)話題になり始めたのは執筆がほとんど終わった後でした。この作品に限らず、自分としては現代社会のリアルな国際情勢を背景にしたエンタメの復権を目指しているだけですが、書く端から現実が作品に追いついてくる、そういう怖さを日々感じます。書き終わった瞬間に現実が肩をたたいてくるという、現実と追いつ追われつの切迫感というか、危機感というか、言い切ってしまうと恐怖を感じますね。それが今という時代なんだと」

 --しかしこの作品の内容が現実に起こったら大変だ

 「でも本当に、いつあってもおかしくないですよね。起きてほしくはありませんが。それは世界中の人が仲良く暮らせれば、それに越したことはないですよ。そうならないのはなぜなのかを、書きながら勉強していったという一面もあります。それ(平和)を許さない世界とは何なんだろうか、という思いは書きながら常にありましたね」

このニュースの写真

  • 自衛隊は実際に戦えるのか? ソマリアが舞台の『土漠の花』著者・月村了衛さんに聞く

「ニュース」のランキング