産経ニュース

【永田町群像 特別インタビュー】塚田一郎・自民党拉致問題対策本部事務局長 「めぐみさんと同窓…解決は使命」「北が見てるのは日本の世論」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【永田町群像 特別インタビュー】
塚田一郎・自民党拉致問題対策本部事務局長 「めぐみさんと同窓…解決は使命」「北が見てるのは日本の世論」

インタビューに臨む塚田一郎氏(野村成次撮影)

 僕は北朝鮮による拉致被害者の横田めぐみさんと同窓なんです。僕が新潟市立寄居中学校の2年生だったときに、1つ下の学年にめぐみさんが在学されていて拉致されてしまった。めぐみさんと同窓である自分は、拉致問題を解決する使命を担っていると思って取り組んでいます。

 事件当時、僕はまだ14歳だったけれど、警察が大々的に捜査していたことや、通学路が同じような所だったこともあって、いろいろ質問されたことをよく覚えています。

 拉致だと分かったのは後のことで、当時は「神隠し」「謎の失踪」といった状況でした。当時から「不審船が日本海に来ている」という噂はありましたが、確定づけるものがないから疑いの域を出なかったんです。

 同じ道を歩いて通学していた僕からすれば、人ごとではありません。めぐみさんが偶発的に拉致されたのだとすれば、自分や自分の家族が被害に遭っていたかもしれない。

 そんな経験から、救う会(拉致被害者の支援組織)の新潟県での活動には、政治家になる前からボランティアで参加していました。(めぐみさんの両親の)横田滋さん、早紀江さんご夫妻とお会いしたのはその時で、「身近な方が政治家を目指してくれることは心強い」と言っていただいたのを覚えています。

 平成19年に初当選して国会議員になってからは、超党派の拉致救出議員連盟に入り、古屋圭司拉致問題担当相らと一緒に、米国など外国の政府・議会関係者に協力を求めてきました。

「ニュース」のランキング