産経ニュース

【月刊正論】都議会ヤジ“張本人”も登場 「早く結婚しろよ」批判報道が封殺したこと

ニュース 政治

記事詳細

更新

【月刊正論】
都議会ヤジ“張本人”も登場 「早く結婚しろよ」批判報道が封殺したこと

 ヒステリックなセクハラ決めつけは少子化日本の重要な問題を見失わないか(東京都議 鈴木章浩/麗澤大学教授 八木秀次/ジャーナリスト 細川珠生 月刊正論9月号

 --東京都議会で6月、少子化などを議論していた独身の塩村文夏議員に「早く結婚したほうがいいんじゃないか」などとヤジが飛んだことが、セクハラヤジとして社会問題化しました。最初に名乗り出て謝罪した鈴木章浩議員は、新聞やテレビで非難を浴びたわけですが、少子化が進む日本でそんなに問題のある発言でしょうか。ぜひ議論していただきたいと思います。無論、ヤジは上品とはいえません。まずは改めて鈴木議員に、この点について考えをうかがいたいと思います。

 鈴木 私自身、議会では不適切な発言であり、不必要な発言であったと深く反省しています。そのことについては本当にお詫びしたいと思っております。「セクハラ」という見方をされることを否定もできません。塩村さんが私の言葉に傷ついたとおっしゃっているので、改めて心からお詫びを申し上げたい。また、配慮を欠いた私の発言で多くの方にご心痛を与えてしまったことにも、改めてお詫びを申し上げます。申し訳ございませんでした。

 八木 鈴木議員はこう言っていますが、この問題を考える上で、議会において、ヤジは言論の一つであるということは認識しておくべきです。議会は有り体に言えば、言論による政治闘争の場ですから、ヤジは禁止されていない。そこが、一般には認知されていないのかなとは思います。

「ニュース」のランキング