産経ニュース

猪木氏が北朝鮮に出発 「スポーツ交流」…拉致問題も意見交換

ニュース 政治

記事詳細

更新


猪木氏が北朝鮮に出発 「スポーツ交流」…拉致問題も意見交換

 日本維新の会のアントニオ猪木参院議員ら超党派の国会議員6人が9日、北朝鮮訪問のため羽田空港を出発した。「スポーツ交流」が目的だが、朝鮮労働党幹部との会談も予定されており、拉致問題についても意見交換する。

 猪木氏の事務所によると、猪木氏らは中国・北京を経由し、10日から14日まで北朝鮮を訪問する。自身が理事長を務めるNPO法人「スポーツ平和交流協会」の平壌事務所のほか、体育館やスタジアム、北朝鮮南西部の開城工業団地も訪れる。13日には朝鮮労働党の姜錫柱(カン・ソクジュ)書記ら幹部との会談も予定されている。

 猪木氏は出発前、北朝鮮が9日に弾道ミサイルを日本海に発射したことを受け、「そういう問題があればあるほど、われわれが訪朝して心を開く必要がある。腹を割って、ざっくばらんな話をする」と記者団に語った。

 維新の松浪健太、石関貴史、阪口直人の各衆院議員と清水貴之参院議員、みんなの党の山田太郎参院議員が同行した。

「ニュース」のランキング