産経ニュース

【安倍政権考】色あせた「保守本流」、現実は「安倍カラー」一色

ニュース 政治

記事詳細

更新

【安倍政権考】
色あせた「保守本流」、現実は「安倍カラー」一色

「安倍カラー」一色

 実際、安倍首相は2012年9月の自民党総裁選で、「安倍カラー」の政治理念を共有する超党派の保守系議員連盟「創生『日本』」に所属する自民党議員に担がれ、麻生派(為(い)公(こう)会)などの支持も得ることで、再選された経緯がある。所属する清和研からは町村信孝会長が出馬し、町村派は分裂選挙となった。

 野中広務、加藤紘一の両元幹事長ら安倍首相に批判的な大物議員が引退していたり、財政状況が逼(ひっ)迫(ぱく)しているため安易な財政出動が困難という制約もあったりして、「安倍カラー」一色が当たり前のような政治状況を醸している面もある。

 となれば、気になるのは、振り子がある一方に振れすぎてしまうと、その反動は大きく、どうかすると、安倍首相の後は混乱を招くということである。振り子の振幅が大きければ大きいだけ、混乱も増幅しかねない。(松本浩史)

「ニュース」のランキング