産経ニュース

別働隊超えた“第1外務省” NSC事務局 プーチン氏側近と会談 中国にも接触 ソウルで意見交換 隠密外交フル稼働

ニュース 政治

記事詳細

更新


別働隊超えた“第1外務省” NSC事務局 プーチン氏側近と会談 中国にも接触 ソウルで意見交換 隠密外交フル稼働

 国家安全保障会議(NSC)の事務局である「国家安全保障局(安保局)」の動きが活発化している。安倍晋三首相の肝いりで、安全保障に関する外交・防衛政策の司令塔として今年1月に発足。これまで表になっている米国や韓国、ロシアなどの当局に加え、関係が冷え込む中国の当局とも水面下で接触し関係構築を急ぐなど、徐々に存在感を増しつつある。

 首相官邸で12日夕、安倍首相のもとに麻生太郎副総理や岸田文雄外相らが集まり、NSC4大臣会合を開催した。東シナ海上空で11日に発生した中国軍機による自衛隊機への異常接近について、中国側の意図などに関する安保局の分析結果が報告された。

 日中関係が緊迫化する中で、NSCは安保局トップの谷内正太郎局長の訪中や日中当局間の情報交換を中国側に要請してきた。「今の冷え込んだ日中関係では閣僚級の会談は難しい」(同局関係者)のが現状で、関係改善の糸口を探りたい考えだ。

 安保局はこれまで、公式な外交ルートでは会談しにくい国々と接触してきた。5月5日に谷内氏がモスクワを極秘に訪問。プーチン露大統領の側近、パトルシェフ安全保障会議書記とウクライナ問題をめぐり会談した。ロシアに「責任のある行動」を求めるとともに、日本はロシアとの対話を継続するという首相の意向を伝えたとされる。

「ニュース」のランキング