産経ニュース

【金曜討論】護憲派の論客も続々と産経に登場! 某紙のように護憲派だけではいけません 憲法シリーズ総集編

ニュース 政治

記事詳細

更新

【金曜討論】
護憲派の論客も続々と産経に登場! 某紙のように護憲派だけではいけません 憲法シリーズ総集編

 産経が憲法案を出したから 4月26日は「国民の憲法」記念日(※字余り)

 小紙が新聞社としての憲法試案「国民の憲法」要綱を世に問うてから1年がたった。「自主憲法制定」を結党の精神に掲げる自民党が政権復帰したこともあり、昨年の今ごろは憲法論議がずいぶんと盛り上がっていた。その熱気はいささか下火になったようだが、憲法改正の前段といえる国民投票法の改正や集団的自衛権の行使容認に向けた議論が国会の内外で進められている。この機会に、小紙で1年半にわたって連載した「金曜討論」欄での憲法シリーズについて振り返ってみたい。(溝上健良)

18回に及んだ激論

 産経新聞の創刊80周年記念事業のひとつとして始まった「国民の憲法」起草委員会による憲法試案づくりにあわせて、小紙では平成24年7月から昨年末までの1年半、毎月最終金曜日に憲法に関する「金曜討論」の掲載を18回にわたって続けてきた。なお、この連載は不肖・溝上のほか、外信部の田中靖人記者、政治部の内藤慎二記者が担当した。いかなるテーマでどんな識者が登場したのか、以下に再掲しておきたい。(※肩書は取材当時)

「ニュース」のランキング