産経ニュース

民主、副代表まで造反「棄権1、欠席2」 原子力協定承認、参院でも

ニュース 政治

記事詳細

更新


民主、副代表まで造反「棄権1、欠席2」 原子力協定承認、参院でも

 トルコとアラブ首長国連邦(UAE)への原発輸出をそれぞれ可能にする原子力協定の承認案が18日午前の参院本会議で採決され、自民、公明、民主各党などの賛成多数で承認された。民主党の増子輝彦副代表は採決を棄権し、記者団に「原発輸出を認めるわけにはいかない」と理由を語った。脱原発派の有田芳生、徳永エリ両氏は本会議を欠席した。衆院に続き参院でも造反が出たことで、海江田万里代表の求心力が問われることになる。

 増子氏は本会議前、郡司彰参院議員会長に参院会派の政審会長の辞表を提出した。執行部は増子氏を処分する方針。有田、徳永両氏は「体調不良」として党に欠席届を出していた。

 民主党は政権担当時に原発輸出を進めた経緯から「消極的賛成」を決めたが、4日の衆院本会議採決では脱原発を訴える近藤昭一、生方幸夫両氏が退席。党の役職停止処分を受け、解任された。欠席6人のうち、党に届け出がなかった菅直人元首相ら3人も幹事長注意の処分を受けた。

 海江田万里代表はこれまで「民主党が多くの国民から信頼を失った原因は、党のバラバラ感だ」と繰り返し賛成を呼びかけていた。

「ニュース」のランキング