産経ニュース

【島が危ない 第2部 佐渡に迫る影(5)】過疎化…中国との関係強化「責められない」一方で「国は早急に対応を」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【島が危ない 第2部 佐渡に迫る影(5)】
過疎化…中国との関係強化「責められない」一方で「国は早急に対応を」

 新潟県・佐渡島の玄関口、両津港から10分ほど歩いたところに、古くから栄えてきた「両津夷(えびす)本町商店街」がある。約1キロにわたって100軒近い商店が並ぶが、営業しているのは十数軒。買い物客もまばらだ。薬局を経営する女性は「過疎化でシャッター通り化してしまった」と嘆く。

 昭和25年に約12万6千人だった島の人口は年々減り、平成25年4月1日現在で約6万1千人と半数以下になった。若者の島離れと高齢化が原因だ。

 佐渡市の甲斐元也市長によると、佐渡では進学と就職のため、高校卒業後に約80%の若者が島を離れる。

 さらに毎年、千人程度の島民が亡くなっていく。

 夕暮れの後、両津港近くの住宅街を歩くと、明かりが漏れてこない民家が多いことに戸惑う。「電気がついていないところは空き家。仮に人が住んでいても、お年寄りは、自分が生活している部屋でしか電気をつけないから、外から見ると暗くて人が住んでいないように見える」。佐渡青年会議所の菊池寿男理事長(38)はこう説明した。

 市の人口のうち65歳以上の割合は昭和25年に6・6%だったが、平成25年4月1日現在で37・7%となっている。平均年齢も平成16年に49・38歳だったが、今年2月末現在で52・28歳まで上がった。

「ニュース」のランキング