産経ニュース

民主・細野氏が派閥立ち上げ、次期代表選へ布石 党内抗争は激化

ニュース 政治

記事詳細

更新


民主・細野氏が派閥立ち上げ、次期代表選へ布石 党内抗争は激化

 民主党の細野豪志前幹事長は7日、同党で初めて他グループとの掛け持ちを禁じた自身の派閥「自誓(じせい)会」の設立パーティーを開き、自身を含む衆参12議員が参加した。次期代表選に向け足場を固める狙いがあり、海江田万里代表ら執行部は警戒を強めている。(楠城泰介)

 細野氏は昨年9月に派閥結成を決意し、前原誠司前国家戦略担当相のグループ「凌雲会」との掛け持ちを禁止することで、たもとをわかった。設立パーティーで細野氏は「民主党の過去と決別すべきところは決別して、われわれ自身が変わらなければならない」と強調。1月に9人だったメンバーは現在12人に拡大し、近く参院議員1人も加わる予定で、代表選出馬に必要な推薦人20人の確保が射程に入ってきた。

 「20人」枠の確保へ向け狙うのは、衆院(無所属扱いの副議長を含む56人)より議員が多い参院(同59人)での勢力拡大だ。

「ニュース」のランキング